【30代】ファンデーションで美肌作り

【30代】モチベーションをアップさせるファンデーションの選び方

更新日:

乾燥肌ファンデーション選び方夏

朝起きて鏡を見ると
「あれ?20代の頃はこんなはずじゃなかった…」と朝からせつない気持ちに。

30代になり、歳を重ねるごとにお肌の悩みが増えてきました。

 

  • 寝不足で疲れがお肌に出てしまう
  • ファンデーションのノリが悪い
  • 毛穴の凸凹がカバーできない
  • 時間が経つと脂っぽくなる
  • 季節の変わり目にお肌が不安定なってしまった

 

ファンデーションはお肌を綺麗に見せ、さらにはモチベーションを保つ大切なもの。

メイクの仕上がり次第で気持ちが左右されてしまう人も多いはずではないでしょうか?
私もその一人です。

1日笑顔で過ごすために、自分に合ったファンデーションの選び方をご紹介します。

ファンデーションの種類

30代ファンデーション選び方

ファンデーションの種類は大きく分けると3つになります。

  • パウダーファンデーション
  • リキッドファンデーション
  • クリームファンデーション

それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

パウダーファンデーション

カバー力 ◯ 保湿力△ ツヤ感 ◯

《メリット》
簡単に顔全体にムラなくぬることができる。
圧迫感がなく軽い仕上がり。
持ち運びしやすく化粧直しに最適。
可愛らしいパッケージが多い。

《デメリット》
摩擦が気になる人には不向き

リキッドファンデーション

カバー力 ◯ 保湿力◯ ツヤ感 ◯

《メリット》
伸びがよく、お肌に密着しやすい。
保湿力が高い。
ボトルやチューブタイプのものが多く、量を調整しやすい。

《デメリット》
メイク直しが難しい。

クリームファンデーション

カバー力 ◯ 保湿力△ ツヤ感 ◯

《メリット》
リキッドファンデーションよりもこってりとした重みのあるテスクチャー。
マットな仕上がり。
1番のカバー力。
乾燥肌の方におすすめ。

《デメリット》
肌に負担がかかりやすい。

【毛穴の開き・シミ・くすみが気になる】ファンデーションの選び方

30代ファンデーション選び方

30代になると「毛穴の開き・シミ・くすみ」などが気になるように。

お肌を綺麗に見せるために

  • 保湿力高め
  • カバー力高め
  • 密着しやすい
  • リキッド、クリームタイプ

のファンデーションを選ぶと良いでしょう。

【乾燥肌の方】ファンデーションの選び方

30代ファンデーション選び方

「暑い夏。汗ばんでるはずなのに、お肌が乾燥してしまう…」

1日中空調の整った室内で過ごしてる方は要注意です。

もともと乾燥肌の人だけではなく、エアコンや暖房を使ったためにお肌が乾燥してしまう場合もあります。

乾燥からお肌を守るためには「保湿」が大切!

下記のような、保湿力高めのファンデーションを選ぶと良いでしょう。

  • 美容液成分配合
  • ツヤっぽい仕上がり
  • リキッド、クリームタイプ

【敏感肌の方】ファンデーションの選び方

30代ファンデーション選び方

お肌の状態が不安定になってしまい、昨日まで使ってたファンデーションが突然合わなくなってしまうことがあります。

そんな時は無理をせず、天然由来成分配合のお肌に優しいファンデーションを選ぶと良いでしょう。

  • シンプル処方のもの
  • ミネラルファンデーション
  • パウダータイプ
  • クレンジング不要のファンデーション

以前に比べると、お肌に優しいファンデーションが増えてきました。「敏感肌の方向け」のファンデーションもバリエーション豊かになり、選択肢がグンと増えました。

ドラックストアで買えるものからインターネットで買えるものまで、幅広いです。

自分のお肌の状態と相談しながら、お肌の負担にならないファンデーションが見つかるといいですね。

まとめ

30代ファンデーション選び方

ひとりひとりの性格が違うように、お肌のタイプやお肌の状態によってファンデーションを選ぶ基準は人それぞれだということが分かりました。

また、出産や環境の変化や年齢によって肌質が変わることもあるので、違和感を感じたら見直しが必要です。

自分の肌の状態をしっかり理解して、お肌の状態に合ったファンデーションを選べるといいですね。

あわせて、キレイなお肌を近付くために日頃のスキンケアマッサージなどに力を入れるのも一つの手です。

1人でも多くの方が、心から笑顔で1日過ごせますように!

-【30代】ファンデーションで美肌作り

Copyright© ファンデーションランキング|崩れない美肌を作りたい女子の口コミまとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.